Column 珍妙コラム / Märchen 形而直下のメルヘン / Yumelog 夢見ログ / K-Tarot 京タロB面 / non_dualism 二元に非ず / Poem 戀の詩 / About 自己紹介 / Others 倉庫(昔の記事)へのリンク / Blog いつかのはなし(別サイトに飛びます) / Official 奇想庵(別サイトに飛びます)

▼今週の更新▼

眠れぬ夜に 捧げます。

top_i .jpg

サイトマップ:メニュー(上部ナビゲーションバー)のご案内。

◆Column:珍妙コラム  珍妙美随筆集。
◆Märchen:形而直下のメルヘン 宙から生まれたばかりのようなメルヘン掌篇。
◆Yumelog:こんな夢を見た… 夢見の不思議の世界。実際の解析。 
◆K-Tarot:京都タロB面 別ブログからのお引越し。京都タロット秘話と雑文。
◆non-dualism:二元に非ず  ある日のNobady体験から。
◆Poem:戀の詩  恋という変性意識は、内なる神話を開く鍵かもしれません。

  + + + + + + + + + + + +

◆About:管理人の岩倉ミケについて。ミケへのメールもこちらからお気軽に。
◆Others:倉庫 過去の記事倉庫。このサイトの『今週の更新』情報は上記メニューから
◆Blog:『いつかのはなし』 日記帳。懐かしい想い出など。
◆Official:奇想庵 メルヘン屋 岩倉ミケが主宰する奇想庵の公式サイト。
◆拙著『夢見のレッスン』のAmazonリンクはこちら。
ここは、奇想庵 庵主の岩倉ミケのサブブログです。(主に~'18 6/17までの記事)
6月以降は、こちら『いつかのはなし』にアップしていく予定です。



◉過去ログはこちら → ARCHIVE        


sora-banner.png ←京都タロット宙のメサージュ® のオフィシャルサイトはこちら。



Copyright © 2018 mk-iwakura All Rights Reserved.

2018.06.05 Tuesday

京都タロット宙のメサージュ「宙のメサージュ+(プラス)」をはじめます。

いよいよ、京都タロット宙のメサージュ原案者ミケの

個人リーディングワーク「宙のメサージュ+」をはじめます。

 


 

 

 

たろうさん(京都タロットの精霊)が語る、あなたの内に眠る神話、あなたへのメッセージ

 

 

原案者ミケがナビゲートする京都タロットワーク。 

そこからあふれ出てきた神話(メッセージ)を、

あなただけのノート『宙のメサージュ+』として作成します。

 

あなたの名前が刻印された美しいノートには、

たろうさんが届けた、あなたの神話が語られます。

 

 

 


 

 

『宙のメサージュ+』とは、

 

たろうさん(=京都タロットの精霊)のメッセージ入り

あなただけのオリジナルノートのこと。

 

京都タロットを用いた個人リーディングを元に、

たろうさんからのメッセージを汲み取ります。

 

 

あなたのことをたくさん知らせてくださいね。
あなたのテーマを「たろう」さんと探りましょう。

 

 

すでにテーマがはっきりしている方なら、さらに良し。
これからの展開、気持ちのこと、この地上に「自分」という杭を打つように旗を立てましょう。

 

今、動く時か?それともじっと温める時か?

 

それは「あなた」が一番知っている。

 

あなたにしか知り得ない感性を呼び覚ましましょう。

 

個人リーディング時のスプレッドを元に、

あなたのお名前刻印入りの完全オリジナルノート「宙のメサージュ+」を作成します。

 

たろうさんからのエールをどうぞ受け取ってください。

(リーディング内容が約10ページございます。ノートの残りページはたっぷり。

 ご自身で占ったスプレッドの控えや気づきなどご自由にお楽しみください)

 

【京都タロット 宙のメサージュ®   個人リーディングワーク『宙のメサージュ+』】

=リーディングワーク60分 & オリジナルノート’宙のメサージュ+’ ¥55,000-

 

 

三角お問い合わせ、お申し込みは、

  下記の『お問い合わせフォーム』からか、

  もしくは mi-ke@mk-iwakura.com まで。

  ・6月18日(月)から始めます。

  ・当面の間は、平日の昼間限定です。

 

 ●6月末までにお申し込みいただいた方には、

 

三角特典1:このワークを1万円引きにさせていただきます。

三角特典2:奇想庵謹製『京都タロット宙のメサージュ®』タロット

     初版を優先的にご予約いただけます。30名様まで。

         

 ↑『宙のメサージュ+』のノートサンプルです。

ノート『宙のメサージュ+』は、ワーク後、2〜3週間でお届けします。(カラーはお任せください)

 

 

 注意注意 個人リーディングは、対面で、平日の昼間、京都市内で行います。

『宙のメサージュ+』は平日の昼間のみになります。原則として、土日はお休みをいただきます。

 

 

これは、私が、ずっと、やりたかったこと。

準備をしてきたこと だから。

 

あなたの内なるメルヘンを、ご一緒に発見いたしましょう!

 

 

●個人リーディングによる『宙のメサージュ+』お問い合わせフォーム↓

 

 

※お問い合わせ、お申し込み後、2、3日中に返信をいたします。

 返信が届かなければ、ご面倒ですが、もう一度、このフォームで送信してくださるか、

 mi-ke@mk-iwakura.com まで。

 

2018.05.17 Thursday

オロチと筋肉キョロちゃんの話

タロットの公式サイトを引っ越ししてから、管理画面が扱いやすいこともあって、ほぼ毎日更新しています。

 

今日は、15番の「オロチ」を更新しました。→こちら

原画展のとき、男性人気1番だったカード。

かっこいいですよね。

西洋タロットでは、いわゆる悪魔のカードに当たりますが、京都タロットはちょっとニュアンスが違います。

一般的に破滅とか嫉妬や欲望…という意味合いの強いカードですが、京都タロットは、そんな悪魔的な質を「呑み込め」と促します。

たいへん日本的ですね。清濁併せ吞む。

 

このカードでは、呑み込んで、否定に対抗する免疫をつけろというわけです。それが王者になるための通過儀礼。

男の子は好きですよね。戦隊ヒーローものでも、ハリウッドでも。九死に一生を得るのはお決まりのストーリー。

最後は姫を助けて、その姫と結ばれる。ロマンだわ。笑

 

 

     †      †

 

うちのボンが、先ほど「はい、キョロちゃん」と言って、イラストを持って来ました。これ。

なんで、あの可愛いキョロちゃんがこうなるの???笑

 

本人も面白がって描いているのですが、この筋肉隆々は、男児の憧れともいえるのでしょうか。

強い男の象徴。

キョロちゃんだって、シックスパック。笑

(強い男になるために、必要な)戦いがあって、それによって、「筋肉」(@実力)が付く。

戦いに挑むことは王者の条件、ということになりますね。

 

この筋肉キョロちゃんは、どっちかと言えば、稲穂のスートを司る朱い鳥『朱雀』の方が近いですが。(^ ^)

 

2018.05.16 Wednesday

業務連絡0605

2018.05.14 Monday

新しくなった京都タロット公式ページ

 放置していた京都タロットの公式サイトをいよいよ更新しようと書きかけたら、何かがしっくりこない。あちらは、アメリカのシステムをお借りしているサイトで、ちょっと動くので一見カッコよさそうに見えるかもしれないけれど、気に入った日本語書体もないし、意外と自由度も低いので、あまり楽しくなかったのだ。

 だから、結局は、古巣のjugemブログに戻って、一晩かけてサイト風にいじった。jugemさんは、やっぱり管理画面が馴れていて扱いやすい。

 

 今まではk-tarotというドメインを取得して公式サイトを運営していたけれど、調べてみたら韓国のタロット運営者が同じURLでやっていたので、こちらはkyototarot.comとそのまんまのドメインを取得して、新しい京都タロット宙のメサージュの公式ページに当てた。考えてみたら、k-tarotって、確かに京都タロットよりコリアンタロットの方がぴったりくる感じ。いつか、コリアンタロットの開発者の方ともお会いしたいなぁ〜と、新たな夢が生まれましたよ。

 これからは、更新しまっす!( ̄▽ ̄) → 京都タロット宙のメサージュ

2018.05.09 Wednesday

海王星が頭上に付く カモそしてアダシノ

4.11に自分の中で起こった「やる気」に付いて、あれはなんなんやろ?と思っていたところ、占星術師のMさんから「その頃から頭上に海王星が付いてる」と言われました。面白いわ〜。

 

私は、ホロスコープを読むのはうまくないけれど、こういうわけのわからん感受力があって、いわゆる虫の知らせのようなものを受け取ってしまったり、天体について、全く唐突な物語を腹ん中に抱えていたりするので、この「海王星」という意味については、なんだかわかる気がするのですね。

 

むかし『星のシンボリズム』というコラムを書いて、そこに、海王星についても書いてました。

ちょうど15年前です。2003年5月の記事。

 

  神秘の海王星/湖のメソッド

 

なかなか「きちんと」感じて、書けてますね。当時の私も。

30代ただ中の頃の私。

今、海王星について書くとしたなら、切り口はちょっと違うかなぁ。

更年期的出来事と、海王星の関係について…など、書くかなぁと思います。

 

この記事に書いた海王星の神秘の湖は、京都タロットでは「カモ」に描かれた湖に同じです。

(あるいは沼などの河川)

占星術とタロットカードとの対応で、海王星と並べられるのは、The Hanged Man、
京都タロットなら「アダシノ」に当たりますが、海王星について考察した「湖」は、まさにカモの水。つまり鴨川。
意味合いは、アダシノもカモも「待つ」というところで同じです。

 

 

一般的な対応では、カモの方は冥王星で、それはそれで間違いではありませんが、体感を通すと、冥王星だけではなく、海王星もカモのカードを彩っているんやなぁと感じるのです。(私は、自分の体感や直感の方をより信じます)

一般的な対応表も、全体把握には大事ですが、全ての人の全ての状態についてズバリ当てはまると言うわけではありません。

 

 

それより、自分の感覚を読む方が大切です。むしろ和タロット的には、このような曖昧さ、揺らぎが大事ですから(=一般解説で全てを物語らせずに、曖昧で揺らぎをもたせたままの方が、自分の感覚が鋭くなる)、この中を泳ぐように見ていくのが面白い結果に導けますね。より「和」っぽいとも言えます。

 

 

だから、スプレッドにカモが現れた時は、占星術的な海王星(あるいは冥王星)が現れるような反応が間も無く起こる、起こっている、と考えていいでしょう。

 

 

実は、先日、これからの京都タロットのワークについて問うた時、それを通じて「私がやるべきこと」のポジションに『アダシノ』が出たのですね。まさに海王星が付いているってことと同じ。自分も含めて「関わる人の成熟を待つ、その神秘を見る」と言うアダシノがワークでの役割で、それが私の中の星の物語「海王星が付く」と言うことと同義なのだと思ったのでした。