Column 珍妙コラム / Märchen 形而直下のメルヘン / Yumelog 夢見ログ / K-Tarot 京タロB面 / non_dualism 二元に非ず / Poem 戀の詩 / About 自己紹介 / Others 倉庫(昔の記事)へのリンク / Blog いつかのはなし(別サイトに飛びます) / Official 奇想庵(別サイトに飛びます)

<< Non-Dualism【はじめに】 | main | 仔象が何頭も階段に寝そべって屋上に登れない夢 >>
2018.03.05 Monday

マンガチックな火だるまの男性と炎を背にしたヒーロー戦隊の夢

先週のこと。夕方、眠気を抑えられず、うつらうつら。

明晰夢が始まり、「この後、どうしたらいい?」と聞いたところ…

マンガチックな景色を上空2,30メートルくらい?(どこかのビルの屋上くらいの高さ)から見ている。

一人の男性(この人も漫画っぽい)が火だるまになってバタバタしている。

(どういう意味?)←明晰夢なので、何を見せられているんだろうと思い、冷静な反応。

すると、背景が宇宙空間のようなところで、ナントカレンジャーのようなヒーローが出てきて、かっこよくポーズを決めている。その背後には、炎がぐるぐる渦巻いている。

(うーん…火の神様って感じかな?どの神様のことかな?)と思っていると、Yさんが前に行ったところという答えが印象で(雰囲気で)返ってきた。

 

【My Feeling & Reading】

夢の中ではYさんがお参りした場所は感じていた気がするが、現実に戻ったとたんに、一気にその感覚が消えた。考えてみれば、一度も何も聞いたことがなかったのだから。ただ、なんとなく背後に火があることから「不動明王」様ではないかと思えた。また、火に遣える神様というところで、狛犬が浮かび、夫を連想した。(私は夫のことを狛犬さんぽいと感じているので…いや、番犬っぽいというか…<怒られるわ

また先日、お寺のコーナーの東寺の特集を見ながら、「次の休みはここやなぁ」と夫が言っていたので、なんとなく東寺のような気がしていた。あるいは、以前にYさんと一緒にお参りした場所かもしれない。

 

  ∞   ∞   ∞

 

2日後、東寺へ。駐車場に近い、食堂(じきどう)から。

十一面観音様に手を合わせる。写経をする場があり、その奥に真っ黒い仏像が垣間見えてハッとした。

昭和五年に焼損したという四天王様。火事によって、表面はゴジラの皮膚のように(こ、こら、バチアタリ)ゴツゴツとしていたが、それがなおさら、四天王様の凄みを表しているように感じられる。

夢で見た火だるまになっていた男性は、個人的な夢見の世界では、この仏像さんの表現だったのだろうと思えた。

この後、講堂、金堂、そして現在特別公開中の五重の塔の一層にお参り。

 

講堂を出るときに護摩木が見えた。

ふと、ヒーロー戦隊の背後の炎を彷彿とさせ、これはちゃんとお願いをしておこうと、護摩木に祈願をさせていただいた。

何度も訪れたことがあるお寺だけれど、いつ見ても、本当に素晴らしい。