Column 珍妙コラム / Märchen 形而直下のメルヘン / Yumelog 夢見ログ / K-Tarot 京タロB面 / non_dualism 二元に非ず / Poem 戀の詩 / About 自己紹介 / Others 倉庫(昔の記事)へのリンク / Blog いつかのはなし(別サイトに飛びます) / Official 奇想庵(別サイトに飛びます)

<< 若い男に執拗にキスをされ、50だと告げた途端にゲロを吐かれる夢 | main | 迷いが消えたら >>
2018.05.01 Tuesday

本気

この『京タロB面』ページ、最後の更新は10ヶ月前ですね。

 

…ということで、この10ヶ月の総括を書きます。

 

「京都タロット、どうなったの〜?」とは、よく聞かれましたが、「ぼちぼちやっておりまーす」としか言えませんでした。いや、ほんと、ぼちぼちしかやっていなかったもので。関係者の皆様ごめんなさい(^_^;)

 

まあ、でも、そのぼちぼちの中では、執筆活動はまめに続けていまして、京都タロットのプレゼンシート作ったり…も。

 

ただ、気持ちが特に乗っていたわけではなかったのです。

言い訳をすれば、「あの気づき」のことが大きくて、「この世」に対して熱が入らないという。

 

でも………今となっては、全部、言い逃れ。

怖かったんですね。本気になるのが。

本気だと言っておきながら。ほんまヘタレだったと白状します。

本気になったら〓〓〓って、いろんな想いがあって、どこか及び腰でした。

 

3月の終わりころ、京都タロット 宙のメサージュが®マーク(商標登録)を取得しまして、さらに、プレゼンシートも完成させたので、まずは京都だからN天堂さんだ!と、電話掛けました。(単純〜)

N天堂さんは(ある意味、当然のことながら)全く取り合ってもらえませんでしたよ。電話の段階で。笑

でも、私の中で、何かが吹っ切れたみたいになりました。必要な何かが「N天堂に電話をかける」という行動で、完了した気がしたのです。

 

 

4/11 深夜のこと。

うまく言えませんが、意識の中に「大物」がやって来ました。

これは、12年ぶり。

鮮烈な閃き。

ちょっとした閃きは、(誰しもそうであるように)日常的にあっても、今までは、それ以上にノンディアリズム的気づきの後の余韻というか、『ヘタな物語に加担したくない』という気分が、閃きを打ち消すくらいに心を占領していたのですが、この大物に関しては、それを遥かに超えておりました。

 

もう、どっちでもいい と。(人生が「ヘタな物語」であっても)

 

どのみち、全ては物語なんだし、この地上にある以上、いずれかの物語を目撃し、自身はただそのさなかにあるんやん!

 

物語、万歳!

ブラボー!物語!

 

これが、第1弾京タロB面的な気づきです。

 

 

第2弾は、朋百香さんの個展の最中に、はっきりとした形でやって来ました。

(これについては、また改めて発表させていただきますね)

 

以降、いきなり、いろんなことが動き始めています。

 

まとめますと、全ては「物語」であって、それでいいし、

その只中で、なりきって「生きる」ということに、心から同意したことが、全ての始まりです。

 

今、本当に、それがしたくて、ドキドキしていまして、どうなるかなんて、さっぱりわからないのだけれど、とにかく、私はそれがしたいのだ…という気持ちだけで、動いています。

 

なんで、私は怖がっていたんやろ?

本当は、やりたくてやりたくてたまらなかったのに、どうして抑えてたんやろ?

それどころか、夫を始め、私の周囲の方々は、「はよせー。はよせー」と言ってくれていたのに。

誰にも頼まれたわけではないのに、私は勝手に何かを怖れて、自分を抑えていたんです。

このバカバカしさに気づいたら、完全に吹っ切れました。

なんて、アホやったんやろ?笑

やりたいことを、できないんやなくて、やらないなんて。

 

 

また、近いうちに、書きたいと思います。楽しみにお待ちくださいね。

そして、長らくお休みしておりましたが、いよいよ、このカテゴリの記事も解禁します。

これからも、どうぞよろしくお願いいたします。