Column 珍妙コラム / Märchen 形而直下のメルヘン / Yumelog 夢見ログ / K-Tarot 京タロB面 / non_dualism 二元に非ず / Poem 戀の詩 / About 自己紹介 / Others 倉庫(昔の記事)へのリンク / Blog いつかのはなし(別サイトに飛びます) / Official 奇想庵(別サイトに飛びます)

<< 業務連絡0605 | main | 京都タロット宙のメサージュ「宙のメサージュ+(プラス)」をはじめます。 >>
2018.05.17 Thursday

オロチと筋肉キョロちゃんの話

タロットの公式サイトを引っ越ししてから、管理画面が扱いやすいこともあって、ほぼ毎日更新しています。

 

今日は、15番の「オロチ」を更新しました。→こちら

原画展のとき、男性人気1番だったカード。

かっこいいですよね。

西洋タロットでは、いわゆる悪魔のカードに当たりますが、京都タロットはちょっとニュアンスが違います。

一般的に破滅とか嫉妬や欲望…という意味合いの強いカードですが、京都タロットは、そんな悪魔的な質を「呑み込め」と促します。

たいへん日本的ですね。清濁併せ吞む。

 

このカードでは、呑み込んで、否定に対抗する免疫をつけろというわけです。それが王者になるための通過儀礼。

男の子は好きですよね。戦隊ヒーローものでも、ハリウッドでも。九死に一生を得るのはお決まりのストーリー。

最後は姫を助けて、その姫と結ばれる。ロマンだわ。笑

 

 

     †      †

 

うちのボンが、先ほど「はい、キョロちゃん」と言って、イラストを持って来ました。これ。

なんで、あの可愛いキョロちゃんがこうなるの???笑

 

本人も面白がって描いているのですが、この筋肉隆々は、男児の憧れともいえるのでしょうか。

強い男の象徴。

キョロちゃんだって、シックスパック。笑

(強い男になるために、必要な)戦いがあって、それによって、「筋肉」(@実力)が付く。

戦いに挑むことは王者の条件、ということになりますね。

 

この筋肉キョロちゃんは、どっちかと言えば、稲穂のスートを司る朱い鳥『朱雀』の方が近いですが。(^ ^)