Column 珍妙コラム / Märchen 形而直下のメルヘン / Yumelog 夢見ログ / K-Tarot 京タロB面 / non_dualism 二元に非ず / Poem 戀の詩 / About 自己紹介 / Others 倉庫(昔の記事)へのリンク / Blog いつかのはなし(別サイトに飛びます) / Official 奇想庵(別サイトに飛びます)

<< ありがとうございました!! | main | 哀しみの癒しと克己 >>
2016.11.18 Friday

絶対肯定のカード

確か原画展最終日の二日前の帰り道でのことだったと思います。
しまだいさんを出て、御池に向かって歩いていると、はっと感じたことがあります。

 

京都タロットは『絶対肯定』のカードである。

 

ふっと浮かんできたこの言葉に、私は震えるほど感動しました。
こんなふうに言語化したことはなかったのですが、このことは、本当は最初から、わかっていたような気がします。

何が出ても、それが一見厳しいことであっても、カードによって、絶対的に自分を肯定される。
あなたが今、「そこ」にいることは、創造の妙なる働きであるということ。
間違いがないということ。

 

こういうと、誤解されそうなので、ちょっと慎重に言い方を変えますね。

過ちはあっても、間違いはないということ。
過ちも含めて、間違いのない「あなた」が表現されている。

そのことに、心から理解する。腑に落とす。
それが京都タロットの大きな役割の一つです。

 

タロットに「未来の」方向を聞くというより、ただただ「今」を肯定されることで、おのずと開ける方向が見えるのです。
「宙のメサージュ」という言葉は、おそらくそんな京都タロットのあり方を示しているのだと思います。

原案者の私が「おそらく〜と思います」なんて言葉を使うことに違和感があるかもしれませんね。(⌒-⌒; )
でも、それには訳がありますので、近いうちにここでお話することにいたしましょう〜。^^

 


公式サイトの方に、解説をアップし始めました。
まずは、プロローグ『宙を越えて』からどうぞ。