Column 珍妙コラム / Märchen 形而直下のメルヘン / Yumelog 夢見ログ / K-Tarot 京タロB面 / non_dualism 二元に非ず / Poem 戀の詩 / About 自己紹介 / Others 倉庫(昔の記事)へのリンク / Blog いつかのはなし(別サイトに飛びます) / Official 奇想庵(別サイトに飛びます)

<< 衝撃の手相見 | main | 写真家 さとこさんのこと >>
2016.11.24 Thursday

否定的に見えるカードのこと

5日間の間、ひょっとしたら100名近くの方に『京都タロット占い』をさせていただいたかもしれない。こんな短期間で、いっぺんに個人的なことを見るという経験は、今までもこれからも、もうないのではないだろうか。そのことを朋百香さんは、「見てて思ったんだけど、あれは『させられてた』わね」とおっしゃった。

 

させられた というより、させていただいたとしか思えないけれど、あの怒涛の日々、みなさまのおかげでカードに対する感覚がすっかり変わった面がある。それは、いわゆる否定的(に見える)カードが出た時。

今までは、アダシノやイドが出た時は、いっしゅんドキっとしたものだったが、カードの絶対肯定性がはっきりと理解できるようになったおかげで、「おっしゃ、きたできたで〜!」と思えて逆に嬉しいとまで感じるようになった。

先日、ある分野のことを訊いたとき、これがキーポントの箇所で出た。「いらないものを妥協なく捨て去るカード」。この場合のいらないものは「奴隷性」と言えるような、使用人根性(笑)なのである。思い当たった。おおっ!ついに、これが捨てられるんや!と嬉しかった。このことも、ある友人を見せていただいたときに出てきて、「理解できる。そうやって生きてきた」と言って一切動じていない姿から、本来のイドなる役割が、彼女の在り方といっしょに腹の内に納まった感覚があったから。以来、本当に好ましく大好きにさえ思えるカードに変わった。そして、数日後のおととい、これがはっきりとわかることがあった。迷わなかった。

ほんと、今回は、どんなに多くの人に助けられただろうか。